動画配信プラットフォームで新しいマーケティングを実践しよう

マーケティング

かつては映像を見ると言えばテレビしかありませんでしたが、現代はパソコンだけでなくタブレット端末やスマートフォンでも手軽に映像作品や動画を閲覧できるようになりました。また、YouTubeの登場によって特別な機材や資格がなくても誰でも映像を制作し、全世界に公開できる時代も訪れました。そして近年では、最大手のYouTube以外にも動画配信プラットフォームが続々と登場しています。それぞれどんなメリットがあるのか、どんな用途に向いているか、詳しく解説します。

動画配信プラットフォームとは?

一般的に動画配信プラットフォームとは、動画を再生するプレーヤーがあり、動画ファイルを管理するシステム、配信に合わせたフォーマットを作成する機能、再生端末に合わせて動画を変換する機能などを持ち合わせたものを指します。YouTubeを代表とする無料で利用できるものと、有料で機能性や柔軟性が高く、多くの企業で採用されているものの両方がインターネット上でリリースされています。

また、多くのプラットフォームでテレビの生放送のようなリアルタイムのライブ動画を配信することができ、視聴者に向けて広告を配信することも可能です。

無料と有料の動画配信サービスの違い

有料プラットフォームの大きなメリットとして挙げられるのが、セキュリティーの高さです。配信するコンテンツをしっかりと守りたい場合に向いています。セキュリティーがしっかりしていないと不正にダウンロードされ、ほかのサイトに無断でアップロードされるといった事態が容易に想定されます。

反対に、無料のプラットフォームの方が「バズる」「バイラル」などの口コミで広がっていくことを狙った動画に向いています。TwitterやFacebookなどの大手のSNSを通じて圧倒的に拡散されやすく、告知や広告としての機能性が高いと言えます。しかし、コンテンツの保護を重要視する場合には適していないでしょう。

著作権コントロール、無断転載などの対策をしたいのであれば有料の方が向いており、動画によりマネタイズを考えている場合も有料の方が課金型や広告型などの仕様や設定をコントロールしやすいです。無料のプラットフォームは、コンテンツプロバイダー側からは広告をコントロールできない場合があります。

動画配信システムを選ぶポイント

有料の動画配信プラットフォームを選ぶポイントとして挙げられるのは、以下のようなことです。

マルチデバイス対応

各種の異なるデバイスでも適切に動画が再生できることが重要です。現在はユーザー側がパソコン以外のディスプレイで視聴していることを前提に動画を提供することは必須事項です。テレビやスマートフォン、タブレット端末でも、ストレスフリーな動画を提供できる仕様を選びます。

アフターサービスの対応

有料で提供されるプラットフォームは無料のものよりカスタマーサービスが整っていることが多いですが、分からないことをきちんとサポートしてもらえる体制が整っているかどうかを確認しましょう。技術的な部分もカバーしてもらえるか、テクニカルサポートの有無も大きなポイントです。

コストパフォーマンス

どのようなマネタイズプランが用意されているかも確認します。従量課金制や定額課金制などがありますが、配信する動画の内容によって適した課金方法が違うので、より良い効果が出るものを選択します。

配信方式

動画の配信方式にも、ダウンロード配信、プログレッシブ配信、ストリーミング配信などいろいろあります。それぞれ長所と短所があるため、配信内容に合うものを提供してもらえるプラットフォームを選びます。

動画に合わせて適切な動画配信プラットフォームを採用する

無料で利用できる動画配信サービスにも有料のシステムにもそれぞれ違ったメリットがあります。配信したい動画に合わせて、動画配信プラットフォームを選択し、きちんと活用して、顧客や消費者にしっかりと心のこもったメッセージが届くようにしましょう。

 

参考:

動画配信プラットフォームとは?YouTubeとの違いとそのメリットに注目|プルークスの動画アカデミー