動画制作初心者必見!動画制作の基本まとめ

コンテンツマーケティング

近年爆発的な人気を集めている動画マーケティング。スマートフォン時代の今、文字だけではつかみにくい顧客の心の奥底にメッセージを届けることができると、多くの企業が組み込んでいます。しかし、実際にマーケティングに使用する動画制作を、どのように行えばよいのかわからない企業も多いようです。
今回は、動画制作において企業が抱く疑問への回答のほか、動画制作の種類や制作方法を紹介します。

動画制作に対する、よくある疑問

「動画制作」と耳にすると、あたかも映画やテレビコマーシャルのような規模のプロジェクトを想像してしまう人もいるのではないでしょうか。しかし、マーケティングに必要な動画制作は、それほど複雑ではありません。動画制作に対して企業が抱く疑問について見ていきましょう。

値段が高いのでは?

動画制作には莫(ばく)大なコストが必要だと考える人も多いでしょう。もちろん、有名人を起用して大規模な動画制作を行うこともありますが、通常の動画制作は企業が考えているより少ない予算で行うことが可能です。なかには、クラウドソーシングやフリーランスを活用することにより、数万円単位で制作可能なケースもあります。

SNSの管理が大変じゃない?

「動画」と聞くと、YouTubeやInstagram上の動画を思い浮かべる人も多いことでしょう。しかし、SNSは制作した動画の活用例のひとつでしかありません。企業のウェブサイト上でも、トップページや商品紹介ページなど、動画を掲載する場所はたくさんあります。そのため、SNSを使わずに動画を活用することは十分可能なのです。

制作自体が大変なのでは?

「どうやって動画を撮影すればよいかわからない」「編集ができない」と、動画制作自体が大変だと考える人は多いでしょう。しかし、動画制作で最も大変なところは実際の撮影や編集ではなく、動画自体の目的や戦略を考えることです。
つまり、企業がさまざまなデータをもとに、自社の顧客層の心に響く動画コンテンツはどのようなものかを吟味し、戦略を立てるのです。この部分が、動画マーケティングを成功に導く重要なステップとなります。

人々に好かれる動画をつくり上げることは決して容易ではありません。しかし、これらの戦略を考えるために必要なデータは、すでに企業が持っているはずです。戦略が決まりさえすれば、実際の撮影と編集はプロに任せればよいのです。また、動画制作用テンプレートを提供するサービスも存在するため、制作自体は考えるほど大変ではありません。

動画制作の種類

ここでは、多数ある動画制作の中から3種類をご紹介しましょう。

テスティモニアル

テスティモニアルとは、商品やサービスに対する実際の顧客からの推奨意見です。テスティモニアル動画はとても効果的です。ウェブサイトに掲載されている文字のみのテスティモニアルは信ぴょう性が低いのに比べ、動画でのテスティモニアルは視聴者に伝わりやすいからです。

商品の使い方紹介

ECサイトを運営する企業に制作をおすすめする動画スタイルです。オンライン上では、店舗と違い実際に商品を手に取ってさわってもらうことができません。なかには商品の使い方が理解できないため、購入を躊躇(ちゅうちょ)してしまう人もいるでしょう。商品の使い方紹介動画をすべての商品ページに掲載することで、そうした顧客にも購入してもらうことが望めるでしょう。

企業紹介動画

人は、「企業」とビジネスをするのではなく「企業で働いている人」を信用するからビジネスをします。企業の成果はもちろん大切ですが、同じようなサービスを提供する企業2社を吟味する際、最終的には「この企業で働いている人と一緒にやりたい」と、人が決め手になることが多いのです。
そのため企業紹介動画を用いて、自社がどのような会社文化の企業なのか、社員はどのような人物なのかを紹介することで、潜在顧客に企業のブランドをより理解してもらうことができます。

自力で制作?それとも委託制作?

動画によっては、社内で制作することが可能かもしれません。特にテスティモニアル動画は、企業のイベントやワークショップに参加した顧客の声をその場で録画するだけで、簡単に制作することもできます。
しかし、動画自体のクオリティを上げるのであれば、動画マーケティングに長けている動画専門会社に依頼するとよいでしょう。
また、昨今ではクラウドソーシングやフリーランスの活動が活発化しています。彼らに動画制作を依頼する場合は、制作費が安くなるというメリットがあるほか、才能のある映像作家に出会える可能性も高くなります。今後クラウドソーシングは、動画制作にとってとても使い勝手の良いツールとなるでしょう。
もちろん、すべてを委託するのではなく、半分委託するような制作スタイルも可能です。自分で撮影した動画を、動画の種類に合わせたテンプレートにはめ込むだけで簡単に動画制作ができるツールもあります。このツールは、撮影はできるけれども編集が心配という企業におすすめです。

動画制作を視野に

動画制作が注目されていますが、すでに多くの企業がVR(仮想現実)やAR(拡張現実)を用いたコンテンツ制作にもとりかかっています。時代に遅れないように、動画制作を視野に入れてマーケティング戦略を考えていきましょう。

 

参考: