認知度アップに最適な会社紹介動画!さまざまなメリットと効果的な作り方とは?

コンテンツマーケティング

近年、採用活動や自社のブランディングに会社紹介動画を活用する企業が急速に増えてきています。高速インターネット通信サービスが整備され、定額で容量を気にせずにモバイルでの動画の閲覧がしやすくなったという視聴者側の背景もありますが、動画を制作する側の企業にとっても大きなメリットが考えられます。
今回の記事では会社紹介動画のメリット、効果的な動画の作り方、会社紹介動画の種類について紹介します。

会社紹介動画のメリットとその理由とは?

会社紹介動画を作成するメリットと、なぜそれぞれのメリットが生まれるのかについて紹介します。

イメージが伝わりやすい

会社紹介動画は、商品やサービスに関するイメージを明確に伝えやすいというメリットがあります。商品がどのような場所で生まれ、どのように提供されるのかを視覚的に訴えることができます。
また、テレビCMの場合15秒、もしくは30秒などと時間の制限がありますが、会社紹介動画は時間の制約がないため、伝えたい内容を漏れなく伝えることができます。

企業の信頼感を高められる

企業の信頼感を高められることから、新卒採用や商品販売がしやすくなります。紙媒体のパンフレットよりも会社の雰囲気や事業内容などについて、臨場感のあるリアルな情報を伝えることができるためです。また、ブランドイメージのような抽象的な内容や業界内での立ち位置などについても、映像化することで視聴者がイメージしやすくなります。

業界や企業についての認知度を高められる

イメージ映像を活用することで、業界や企業についての認知度を高める効果が期待できます。一般的な認知度が高まりにくいB2B企業の場合は特に効果的です。
また、日ごろは公開していない職場内や工場内の様子、案内が難しい遠隔地の工場などを映像で紹介することもできます。手間をかけずに、視聴者に、自社のことをより深く知ってもらうことができます。

HPの閲覧数アップが期待できる

また、以下の2点の理由により、自社のHPのアクセス数アップが期待できます。1点目は、YouTubeに動画を公開することにより、YouTube経由でのホームページへのアクセスが見込めること、2点目は、自社HPでユーザーが動画を視聴することによりHPの滞在時間が延びることです。ユーザーの滞在時間はGoogleのHP評価指標のひとつですので、動画を最後まで視聴してもらうことでGoogleでの検索順位がアップする可能性がある、ということです。

会社紹介動画の作り方とは?

効果的な会社紹介動画を作るには、どのような手順で制作をすればよいでしょうか? 重要なポイントについて紹介します。

ターゲットを明確にする

動画を作る目的を踏まえて、ターゲットを明確にします。新卒採用、マーケティング、自社ブランドの訴求といった大枠にとどまらず、どのような学生に入社してほしいか? どのような層に商品を売りたいか? といった具体的なイメージが求められます。

伝えたいメッセージ(コンセプト)を明確にする

ターゲットに最も伝えたいイメージを明確にします。注意したいのは、会社紹介動画用に付け焼き刃のメッセージやブランドイメージを作成しても、リアリティーがないことを簡単に見抜かれてしまうことです。日ごろから重要視している企業理念や社風、商品のコンセプトと照らし合わせて動画のコンセプトを明確にしましょう。

会社紹介動画にはどんな種類がある?

目的に応じて、さまざまな会社紹介動画の種類があります。ここでは大きく分けて、3種類を紹介します。

事業紹介型

会社紹介動画としては最もオーソドックスなスタイルで、企業紹介、社史紹介、業界の説明、代表的な商品、代表者メッセージ、従業員インタビューなどを盛り込んだ企業紹介ムービーです。採用時の入社希望者の入社意欲の向上や、取引先に対する信頼向上のためなどに用いられます。
オーソドックスであるだけにバリエーションを持たせることが可能で、おしゃれ感を演出したり、アニメやCGを活用したりと親近感の持てる面白い内容にしたりするような工夫が可能です。

コンセプト紹介型(ブランドメッセージ)

サービスや商品の内容よりも、サービスが持つコンセプトを象徴的にアピールするタイプの動画です。ブランドメッセージやコンセプトを紹介することにより、消費者の共感を得たいときに用いられます。
表現方法やスタイルは自由ですが、その反面伝えたい内容が少しでもブレてしまうと「何が言いたいのか分からない」メッセージのぼやけた動画になってしまう危険性があります。オリジナリティーの高さとコンセプトを明確に伝えることが求められます。

インタビュー説明型

自社の従業員に企業や商品についてのインタビューをするタイプの会社紹介動画です。採用時に活用すると効果的です。
現場で働く従業員の生の声は、志望する学生たちにとってリアリティーがあり、また、インタビューの内容だけではなくインタビュー対象者として登場する従業員の雰囲気も学生にとって重要な情報となります。ひとりの従業員に長く質問するよりも、多くの従業員に少しずつ話を聞いた方が、映像に動きが生じるので効果的です。また、その際に、従業員ごとにメッセージが異なると、伝えたい内容がぼやけてしまうため、一貫して同じメッセージを伝えられるようにあらかじめ内容を調整しておきましょう。

視覚的に訴えられる会社紹介動画は企業の認知度アップや人材確保に効果的!

企業の認知度を高めるとともに、臨場感のあるリアルな情報を分かりやすく視覚的に伝えることができる会社紹介動画は、近年非常に利用が増えています。
会社紹介動画を制作する際には、ターゲットとコンセプトを明確にしたうえで、目的に応じて構成の種類を選択しましょう。効果的な動画を活用することが、優秀な人材を集めたり、取引先との信頼感を構築したりするために大いに役立ちます。

 

参考: